これまで別サイトで日英両方の言語でブログを書いていましたが、日本人はやっぱり日本語でしょう!?ということで、日本語サイトを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連絡有り!

今日(15日)、エージェントから連絡があり、本命企業の二次面接が決まりました。

17日(水)14:00からです。

エリアディレクターとの面接なのですが、遠隔地での面接と言うことで、ビデオ会議の形式での面接となります。
今回の面接は、日本人と日本語で行われるので、気持ち的に少し楽です。

ただ、今もほぼ毎日インターネットで検索を続けているのですが、企業情報が少なくて、ちょっと焦ってます。
もちろん、企業のホームページは存在するのですが、全部英語だし、日本国内での事業展開の詳細がわかりにくい状況で...(汗)

まぁ、でも、自分を信じて、なんとか頑張ります。
スポンサーサイト

それってどうよ?

例によって真夜中に更新...

今日(12日)は、かねてから面接の予定を頂いていた中堅どころの医療従事者専門の転職支援会社の面接に行ってきました。天気が良かったので花粉症対策を万全にしての外出でした。

週末と私立大学の卒業式が重なっていたみたいで、大渋滞になってて、予定時間ジャストに到着。

面接は普通の段取りで始まりました。
相手は人事部の方で、まだ20代半ばといった感じでした。

一通り、僕のほうから経歴を話して、いくつかの質問に答えて、面接も後半に入ろうかという時に「はっ!?それが何?」ってことが起きました。

この会社は東京に本社があるので、面接官は東京から来ることがわかっていましたが、その人が発した言葉に興ざめしました。

「先々週が大阪、先週が名古屋、そして今週が福岡って感じで、今日が最終日なんですよ~」

って、おい!
それが僕の面接とどう関係がある訳?

そりゃあ、沢山の応募者がいて、本社から支社に来て面接するのはさぞかし大変なことでしょう。
でも、求職者である僕も、毎日転職活動でヘトヘトになりそうな中、興味のある業務を行っている会社に書類を提出して、その書類選考を通過して、今日という日を迎えた訳ですよ。
大変なのはお互い様じゃないの???

更に...

「ウェブには『転職支援を通して社会貢献』って書いてありますけど、うちも会社なんで、一つのサポートが終わったら次の人。そしてまた次の人、ってガツガツとやっていかないといけないんですよね~」

って、おいおい!
じゃあ、社会貢献なんて言葉を軽々しく公の目に触れるウェブに載せるなよ!

もうここまで聞いた段階で、約2週間楽しみにしていた面接なんてどうでも良いやって感じになりましたね。

もし働くとしたら支社の営業部に所属することになるんでしょうけど、人事部との関係は会社にいる間ずっと続きますよね?今日の面接官が営業部の人だったら、いずれ転勤とかで会わなく可能性もあるだろうからまだ許せるけど、よりによって経営部門の中核にいる人事部の人間がこんな態度で面接をする会社なんて、まともな事業展開はできてないとしか考えられませんね。

「結果は10日以内にご連絡します。」と言われ、「はい。宜しくお願いします。」とは言ったものの、心の中では、「次の面接を受けて下さい、と言われても、こちらから願い下げさせていただくよ!」って感じで、非常に不快な思いをした面接でした。

こんなに酷い面接は、これまでの数多くの転職活動の中で初めてでしたね。
数年後に、この会社がつぶれてることを祈りたくなるくらい!(悪)

不快な思いを抱えたまま帰宅するのが嫌だったので、会場の近くにあったカフェでお茶して帰宅しました。



で、帰宅すると、そこには先週の土曜日に書類を郵送していた地場の人材派遣会社からの封筒が...
開けるまでもなく、またお断りかぁ...って感じでした...
一応開けましたが(笑)、予想通り「今回の採用はお見送りさせていただく結果となりました。」の定型句がありました。

Had a bad day.ですよ。


昨日現在で、3社の案件が同時進行状態だったのですが、今日の夜の時点で、1社だけになりました。
で、その1社は、先日英語での電話インタビューとウェブテストに通過した会社なのですが、今日中には次のステップであるビデオカンファレンスの日程が決まるかと思っていたら、結局連絡が入らず、来週に持ち越しになりました。

一応、今のところ、この会社が本命なので、まだ何とかつながってますが、どうなることやらって感じです。

あまり書くとばれそうですが、本命にするだけの理由があるんです。

ロンドン証券取引所一部に上場。
世界75カ国以上で事業展開。
当初は国内でのステップアップに限られますが、将来的には世界的な転勤も大あり。
国内での事業ですが、お客様には外国人の方が多く、英語を頻繁に使える仕事。
募集しているポジションがゼネラルマネージャーというエリアにおける要職であること。
不動産業に分類されるのですが、不動産の有効活用を推進してオフィスのトータルアウトソーシングを行うのが事業なので、サービス業に限りなく近い業種であること。

こんな理由で本命にしてます。

土日は、まだ少しくすぶってる不快感をはらして、明るく週明けを迎えたいと思っています。

結果出ました & 失業給付

先日受けた某社のウェブテストの結果が出ました。(実は水曜日に出ていたのですが、何かと...)

結果は...

合格でした!

で、次のステップに進めることになりました。
次のステップは、エリアディレクター(日本人)とのビデオカンファレンスです。
エリアディレクターさんは東京に常駐されているみたいで、そう簡単には福岡に来ることができない状況もあるようで、結局先方から打診された手段が遠隔地でもブロードバンド回線を使って行えるビデオカンファレンスということに落ち着いたという感じです。

先方は金曜日(12日)の午後で実施したいという意向だったのですが、僕のほうに既に他社の面接試験の約束が入っていたので、代理人を通じて、日程を調整してもらっています。

明日(12日)の夕方までには回答が来ると思いますが、「月曜日はどう?」って打診が来ていたので、恐らく月曜日にビデオカンファレンスを受けることになると思います。

思った以上に順調に進んでいるので、逆に怖い気もしてはいますが、最初の人事の方に気に入ってもらえてるみたいで、その方の強い後押しも受けることができてここまで来たみたいなので、後は、日本人対日本人でどこまで話しができるかというところになってくるのかもしれません...

とりあえず、連絡を待って、頑張ります。



さて、昨日の夕方、ア○コから離職票が届いたので、今日、ハローワークに行ってきました。

が、しか~し、玉砕!
加入期間が1ヶ月足りないという理由で、失業者としての認定が受けられないばかりか、失業給付の対象にもならないということになってしまいました。

法律上そのように決まっているのだから仕方がないこととは言え、失業状態にあることは紛れもない事実。
何も、持参した書類をそのまま全て突き返すなんてことまでしなくても良いと思いませんか?

1ヶ月だけ足りないのかもしれないけど、じゃあ、11ヶ月間払ってきた雇用保険料はどうなるの?
返してくれるの?
失業したときのための保険として、雇用保険料を払っているのに、いざ失業状態になると、法律で決められた対応しかされないなんて、ちょっと悔しいというか、頭に来ましたよ!

民主党になってから、雇用の確保だとか、何だか声高に叫んでますけど、雇用環境は全然変わってないですよね。
もっとスピーディーに物事を進めてくれるものと信じていたのに、雇用だけでなく外交問題も含めて、全ての機能が止まっているように感じるのは僕だけではないと思います。

鳩山くんではダメですね。

所詮、裕福な人が考えることですから、貧乏人の苦しさなんてわかる人なんていないんですね。政治家には!

失業給付はもらえなくても良いから、給付がもらえない分の雇用保険料を返してくれって言いたいです!



明日(12日)は、行事が盛りだくさんですよ。
14時から面接が一件、その前後で某外資のスケジュール調整が入ってくると思われるので、一日中気が抜けない感じです。

とりあえず、気を入れ替えて頑張ります。

電話インタビュー

今日(9日)は予定通り、11:00から某外資系企業の電話インタビューでした。

土日は、転職サイトとかバイトサイトの更新がないので、土日をフルに使って、想定問答を作ってました。

で、ドキドキしながら10:40頃から、電話機に一番近いダイニングテーブルの上に英文のレジュメ(履歴書)と英文の想定問答集、そしてその会社のジョブ・ディスクリプション(募集要項?)をダーッと広げて、ひたすら待機。。。

実家の固定電話に突然かかってきても両親は英語を全く話せないことを事前に伝えていたので、固定電話の前で待ちつつ携帯も待機状態でした。まあ、でも、ホンコンからの国際電話なので、恐らく固定電話にかかってくるだろうなぁと思っていたら、ジャスト11:00に固定電話が鳴りました!

この時点で緊張は最高潮に達していましたが、深呼吸して「はい。もしもし~」って出たら、思いっ切り英語が返ってきた。。。

ってな感じで、電話インタビューがスタート。
「これまでの経歴を教えて下さい。」
「ア○コを退職した理由を教えて下さい。」
「ア○コで、新規の顧客を見つける時はどのような手段を使ってましたか?」
などなど、約20分間にわたっての質問攻め。
しかも、想定してなかったことまで聞かれて答えるのに時間かかってしまったし...
最後の質問は「給与はいくら欲しいですか?」でした(汗)
こちらからも2~3質問をして、25分間のインタビューが終了しました。

これが3度目の英語での電話インタビューでしたが、やっぱり顔が見えないだけに、何度受けても緊張しますね。
日本語だったらもっと楽なんでしょうけど...

でも、日本に直接の拠点を持たない外資系企業は、100%、この電話インタビューを実施します。
インタビュアーはその会社によってまちまちですが、今回は採用・人事スペシャリストでした。
国際電話なので、会社側としては長電話はしたくない。
でも、受ける側としては、例えたどたどしくても、できるだけ多くのことを話したい。
でも、あまり多くのことを話すと、絶対に不合格になることは経験済みだったので、今回は必要最低限にとどめて我慢しました。

高校、大学と英語一筋でやってきましたが、やっぱり普段英語を使わないから語彙力がかなり落ちてますね。
簡単なはずの単語が出てこなくて答に時間がかかるなんて...

でもって、インタビューの最後に、もしインタビューに合格だったら、次はウェブでの適性試験、そこでOKだったら次はエリア・ディレクターとの面接という段取りを聞き、電話を切りました。

で、すぐに、今度は紹介してくれたエグゼクティブサーチの担当者にこれまた英語で報告。
「今日か明日、人事の人に確認を入れるから、回答があり次第また連絡する。」と言われて、ホッと一息。

昼ご飯を食べて、今度の金曜日の面接の準備をしつつ、転職サイトとバイトサイトを物色してたら、16:00頃担当者からメールが来て、「良いニュースだよ~ 次のステップのウェブでの適性試験も頑張ってね」的なメールでした。
第一関門突破でした!

で、17:00頃、会社の人事の人からメールが来て、ウェブテストのURLが載ってて、所要時間を見たら「約一時間」って書いてあったので、もう一息入れて、気合いを入れ直してウェブテストに臨みました。

性格テストの量が半端じゃなかったんですが、それ以上に、数学的な問題もあって、所要時間通り一時間かかって終了しました(大汗)

結果はどうなるかわかりませんが、早ければ明日には回答が来るのではないかと思います。
良い結果が出てればいいのですが...

結果が来るまでに時間がかかるケースも多いので、あまり考えずに、気長に待つつもりでいます。
結果が来たら、またご報告しま~す。

確定申告完了&職探し

ここのところちょっとバタバタとしていて、更新サボってました...

まず、確定申告ですが、予定よりちょっと遅れましたが、3月3日に無事に提出して参りました。事業収入分の収支内訳書を作成し終わった段階で、若干所得が残ることとなり、結局、所得税の全額還付計画は無理だと言うことがわかりましたが、源泉徴収分の所得税の95%くらいは返ってくる見込みとなりました。
還付までには1ヶ月から1ヶ月半くらいはかかるそうなので、4月の中旬くらいには手元に来るのかな...ちょっとだけ楽しみだったりします。

思いっ切り平日でしたが、申告会場は人、人、人、で、高齢の方が多かったです。年金生活の方の申告作成が多かったみたいです。
僕は、自宅のMacでと言うか、国税庁の確定申告書類作成コーナーで全ての書類を作成していたので、提出だけでした。
で、提出場所に行ってみると、受け付けてる人が3人。
順番を待って、空いた人のところに行って提出すると同時に名札を見たら「非常勤職員」と書いてあるし、妙に若い...大丈夫か?と思いながらも出してしまえばとりあえずはこっちのものってことで、提出。すると、予想的中!白色申告で収支内訳書まで付いている書類を始めてみたのでしょうか、かなり慌ててましたね。
でも、とりあえずその方自身確認が完了したのでしょう。受付印を押してくれました。

決して脱税行為的なことはしていませんが、生保営業の確定申告は国税庁の査察が入ることが多いらしいので、しばらくはどきどきの日々が続くのかも...です。



さて、次は職探し。

0.21倍。

この倍率何だかわかりますか?

正解は、福岡県の平成22年1月度の正社員の有効求人倍率です。

ついでにもう一つ。

0.42倍。

これはわかりそうですが...

正解は、福岡県の平成22年1月度の有効求人倍率です。
この中には、正社員もパートも全てが含まれています。

僕が今目指しているのは、福岡で正社員として転職すること。
なので、僕にとっては0.21倍の競争率をくぐり抜けなければならないと言うことになります。

と言っても、これは1月の季節調整済みの倍率。
3月の倍率ではありません。

で、2~3月ってどうなんだろうという素朴な疑問から、調べてみました。
結果、過去2年間の2~3月の有効求人倍率は、さらに下がっていました。
要は、発表されている倍率は1月のもので、これだけでも厳しいのに、例年と同じ状況で動くとすると、今の時期が一番有効求人倍率が下がっている時期だと言うことになります。

よりにもよって、この時期に転職活動に突入してしまうとは...
とは言え、いまさら考えても仕方がないことなので、データはデータとして...

先日、東京にいた頃からお世話になっている外資系エグゼクティブサーチの会社から「福岡で一つポジションがあるけどどう?」って話が来まして、Job Description(日本で言うところの募集要項?)を見たところ、なかなか面白そうな仕事でした。(ちなみに、この会社のコンサルタントは全員外国人なので、メール電話は全て英語でのやり取りです。)

早速、面白そうだと返事を返したら、早々に電話インタビュー(人事責任者が海外にいる場合、よく行われる面接前の試験みたいなもの)をセッティングしてくれました。

週明けの火曜日の11時から電話インタビューを受けることになりました。
問題は、インタビュアーがイギリス人らしいと言うこと...
一応、僕の英語レベルは伝えてくれているみたいなのですが、これまでの経験では、事前に伝えられている英語レベルよりもちょっと上のレベルで試されることが多いので、ちょっと気合いを入れていかないと玉砕の可能性大です。

土日はこのインタビューの為の想定問答を作成して、月曜日にエグゼクティブサーチの方にチェックしてもらって、火曜日のインタビューに臨む予定です。

バイト探しも平行してますよ~
今日も某ビジネスホテルのフロントスタッフの面接に行ってきました。
結果は来週半ばくらいになるそうなので、ドキドキしながら待つことにします。


バイトになるのか、正社員としての職を得ることができるのか、微妙な時期ですが、とりあえずやれるだけやって、後は天に任せます。
プロフィール

かっちゃん

Author:かっちゃん
4年間の東京生活を終えて、地元福岡に戻ってきました。
8月からは、これまでとは全く畑違いの業界で新しい社会人生活をスタートしました。勉強漬けの毎日ですが、大きな目標に向かって邁進中です。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
何でも揃う通販サイト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者数
ページビュー
アクセス解析
クリック募金しましょう

BlogPetのカツカツです
剣士と対決!
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。